FC2ブログ

Entries

大連紀行? -1-

さて、前回北京紀行第二章の交渉相手とまた会いました。今回は慣れも出て来て算段も整って、ホテルではなく相手先に泊まります。だ・か・ら!ホテルやサウナでのお遊びが全然出来ません!日本にいる内から考えましたよ。そういえば中国旅行の際、NWが飛ばなくて補償にスンゴイ距離のマイルをくれました。それを使えば只で往復出来るかな?と。NWに電話して調べてもらいましたが微妙に足りません。片道中継の格安にすると妙に余りま...

大連紀行? -2-

大連といえば日清日露戦争の激戦区で遼東半島の末端である旅順は今も軍港で一般人は許可がないと立ち入り出来ず、当時の日本人用別荘が現役で高官に使われているとか。第2次大戦中はずっと日本の支配下だったので、関東軍の圧政より日本の一般人との生活があったせいか意外と反日ではありません。水子の霊がうろついてるなんて言ったら殺されますが、大連国際空港は「周水子国際空港」と言います。ここから路線バスで旧中心地、中...

大連紀行? -3-

「プレー自体はどうでもいい」ってのも理由があります。お部屋に至るまでのルートがまぁショボイのなんの。まずその映画鑑賞ルームから買われて連れられていきます。きったねぇ暖簾みたいのを潜ると飲み物のカウンター内に入る通路と裸電球で眩しくて奥が見えない従業員用ロッカーが見え「右!右!」と怒られて向かうヤッパリ暖簾と言って良いお部屋からの光が通路を照らす暗さ。淫靡過ぎます。もう香港映画に出てくる上海の阿片窟...

大連紀行? -end-

ウッダラ?と生暖かいペットボトルの紅茶を飲んで反日映画見てましたよ。見事に撃退して不良とお嬢さんがデキちゃいましたとさ。トラさんやトラック野郎よりも予定調和じゃねぇかと思いましたけどね。さぁて帰ろうかな?と思った瞬間、サッキの中国人客がじぶんの席へ戻りました。その時、肩を叩かれました。さっきの由美かおる劣化版です。しつこく「あなたのこと気に入ったよ。私はいつもココにいる。外で会ってもいいよ、ホラ電...

Appendix

自己紹介

ヤング畑耕作

Author:ヤング畑耕作
風俗エステ通いもいつの間にやら10年、
今は行く金もない(自w

カレンダー

最近の記事

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR