FC2ブログ

Entries

アイリと挑戦!

「ねぇ、今日あるの?」「あ・る・よ?ん!」「ギャハハハ!貸して!」
もう自分でゴムに入れてM字開脚であてがってます。
「んーーーーー?」と風呂でも浸かるかのような声を出して感じてます。
「こっちは?」とフック型を見せると、「だから長いのいらない!」「そうじゃなくて・・・・」
そう言って乳首に軽く当てました。乳輪もクルクルと。
「・・・・・・あんまり感じないなぁ・・・くすぐったい」と冷静な感想、「そうですか・・・」

「ん!」とローターをポイ捨て私に抱き付いてきます。もチット楽しもうと胸弄んであてがいます。
クリや入り口をクネクネと擦りながら焦らして、入り口で亀頭深度で出し入れします。
すると人を顎で使う時の様に「んー!」と不機嫌に唸りながら尻に踵を当ててグイッ!と引き寄せます。
スブブッ!と密着合体、踵を前後させて出し入れを促します。

「エッチ!」
と言うと「ダハハハハ!いーから!動いて!」と促します。
今回も正常位系、マングリ返しで杭打ったり、両足を私の胸の前で揃えさせて締めさせたりで結構長い時間致しました。
途中彼女は自分で胸を鷲掴みにして顎を上げて息を詰めます。キュキュッと締め付けて来たので1回軽く逝ったのでしょう。
その後は少し脱力系でコチラの体位変更に従います。
いつも通り横嵌めバック女上位をこなして「今日のフィニッシュは・・・」と考えていた時、ふと思い浮かびました。

お姫様ダッコファック。
dakko1.jpg

腰を繰り出すというより腕で彼女の体を上下させる。
dakko3.jpgdakko2.jpg
座っていれば駅弁もただの座位、お姫様ダッコも着地点は私の腰(ただそこには杭が立ってるけど)ですからそれほど疲れません。
2度程、体重30kg台か?というチビで痩せ相手にした事があります。最初は驚きますが、完全に宙に浮いたまま貫かれて出し入れされるのは気持良いらしく、すぐに私の目の前で感じ捲る顔をし、嬌声を出してくれます。胸も目の前にあるので吸い放題。

「ねぇねぇ、ここに横に座って?」「なに??こう?」日曜のテレビ観賞の様に腰を前に投げ出して猫背で壁に寄り掛ってる私の下腹にドカッと座ります。
「ウゲッ!ゲホゲホ!そーじゃなくて!」と息子を掴んで直立させます。
「何考えてる!」と言いつつ和式便所のようにしゃがんで納めて体を伸ばします。手前の腕を私の首に巻かせて、さぁお姫様ダッコ開始!
尻が彼女の足方向へズレてズルンと外れます。「イテ・・・・」と彼女。
「もう一回!もう一寸首を抱き寄せて上半身を立てて、座るように。」従ってくれます。
さぁ今度こそ!いい感じで納まったままダッコ開始。ん?意外と重い・・・。腹筋に力を入れて体を起こし腕に力を入れて上下開始。さぁ胸シャブリとキス攻撃!と思いきあ。
私の腹筋に押されて彼女の形のいい尻が向こうへズレてズボッと外れます。「イテ・・・・」と彼女。
「これダーメ!無理!」と怒られました。うーむー、意外と腰というか尻がデカイ。いけると思ったんだけどなぁ。

しかたないのでこの日は座位フィニッシュ。胡座同士だとヘコヘコ運動が緩慢になるので、リクエストで私を挟んだ正座型。
女上位に近い動きをして貰ってコッチも腰を引き寄せバコバコ動く。
胸もシャブレたし逝く瞬間もキスできたし。向こうもキスしながら「グー!ンー!」と唸ってキュンキュン締まってたし。まぁお互い満足。

「今の良かったでしょ?」「ダッコダーメ」「あれは試しただけだよ!失敗。そうじゃなくて最後の。」「うん。でも一寸疲れる。」「俺が動くのがいいのか?」「そう!ガッハッハ!」
このモノグサがー!っても毎日数人相手にしてるんだからしょうがないか。

例によって乳揉んだり腰撫でたり、彼女は萎えた私のを握ったままピロートーク。
「さっきバイブでオッパイとかやったけどダメって言ったじゃん?」「うん、痒い」「あなた何処感じるの?」「ココ!」と股間を指差す。
「男と同じジャン!そうじゃなくてオッパイは勿論、肩とか首とか耳とか腰とか膝とか、どっかあるでしょう?」「何考えてる?」「私だけ気持ちいいの良くないね」「いいよ!いらないよ!」「でもさ、あなた感じてる時はもう少し大きい方がいいでしょ?」「・・・・・あのね・・・」「うん」「背中」
「背中のどこ?腰の方?」「ううん、上の方」「この辺?」「アハーン・・・そう・・・あっ!ダーメ!キスダーメ!」「なんで!」「強すぎる!痒い!」「あそー」
そんな訳でプレーの最中に何気なく肩甲骨の間をやさしく抱き寄せる事となりました。擦り過ぎるのも良くないようで。

さてお帰りの時間、ベッドの上でお互い立ち上がりました。
「あれ?」「何?」「あなた意外と背があるね」「背、何?」「身長、高さ」「そうだよ!164だよ!小さいと思ったのか!」「可愛いし顔小さいしスタイルいいし、160くらいと思ってたよ」(中国では小さいことは子供っぽい事で褒められる事ではない)「んー!あれだけして分らなかったのか!ホラ!背伸びしないでキスも出来る!ブチュ!」
と、括れた腰と背中を抱いてベッドで全裸でディープキス・・・いいですねぇ。ちょっとムクッってなっちゃいました。
ちなみに体重は53kgだそうで、いたって身長に見合った健康的な体重ですが、「49ぐらいかと思った」にはホッペを引っ張られながら「どういう意味だ!だからなんだ!中国では太ってないよ!」
確かに。腹も出てないし手足も長い。腰も括れてるし胸も尻もパツパツ。健康的なのが最高だと思いますけどね、拒食症気味で栄養偏り過ぎでお肌ガサガサの方。
首も程好く長いけどギリギリ象足気味。これには首を締められました(笑

服も着てさぁ帰ろうという時に腕を組んで寄り掛ってきます。「ん?」と思うとこう言いました。
「あたし国に帰ろうかなと思う。」
ありゃりゃ、デートもしてないのに。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://asianesthe.blog120.fc2.com/tb.php/189-4ec09088
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

自己紹介

ヤング畑耕作

Author:ヤング畑耕作
風俗エステ通いもいつの間にやら10年、
今は行く金もない(自w

カレンダー

最近の記事

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR